IDCロゴ
English     お問合せ
パートナー専用ページ
FREE MAIL Plus | FAQ | 株式会社 アイ・ディー・シー (IDC)
 FREE MAIL Plus FAQ
HOME > 製品情報 > FREE MAIL Plus > FAQ
 
FREE MAIL Plus
[フリーメールプラス]

スプールファイルを
自動でメールや
FAX送信できます


FREE OUTQ
[フリーアウトキュー]

スプールファイルを
安全に管理できます



FREE MENU
[フリーメニュー]

System i(AS/400)の
汎用的な
メニューシステムです


FREE SPOOL EDITOR
[フリースプールエディター]

スプールファイルを
自由に編集できます



FREE FAX/400
[フリーファックス]

スプールファイルを
自動で
FAX送信できます



IBM i からMAIL・FAX・PDF・XLS
IBM i(AS/400・iSeries・System i)用 メール自動送受信及びファックス自動送信パッケージ FREE MAIL Plusの製品ロゴ

製品概要 | 機能概要 | 機能比較 | システム要件 | FAQ
 
[ご購入前の質問]
    Q1.FREE MAIL Plusの特徴はなんですか?
    Q2.デモを見る事はできますか?
    Q3.ハードウェア構成はどのようになりますか?
    Q4.ソフトウェア構成はどのようになりますか?
    Q5.バージョンの低いOS/400でも稼働しますか?
    Q6.使用中のPower System(AS/400)はP20なのですが、製品の価格はプロセッサーグループによって違いますか?
    Q7.納期はどの位かかりますか?
    Q8.保守契約の形態はどうなりますか?
    Q9.FREE MAIL/400 と FREE MAIL Plus の違いは何ですか?
    Q10.送信用PC(FREE MAIL Plus 専用サーバー)にはどの程度のスペックが必要ですか?
    Q11.送信用PC(FREE MAIL Plus 専用サーバー)を業務端末として併用できますか?
    Q12.メールに添付できるファイル形式には、どのようなものがありますか?
    Q13.Excelファイルを作成してメールに添付して送信する事はできますか?
    Q14.Excelファイルを作成するときにパスワードを設定する事はできますか?
    Q15.メールに添付するファイルにバーコードを貼りつけて送信することはできますか?
    Q16.受信したメールのデータを基幹システムに自動で取り込む事はできますか?
    Q17.導入作業にはどれ位の時間がかかりますか?
 
[ご購入後の質問]
    Q1.メールの送信先アドレスの登録はどの様にすればよいですか?
    Q2.現在FREE MAIL/400を使用中のユーザーですが、FREE MAIL Plusへ移行する場合の注意点はありますか?
    Q3.メール送信時にエラーとなり送信できなかった事を知る方法はありませんか?
    Q4.メールに添付するExcelファイルにヘッダーとして会社のロゴ(ビットマップ)を貼りつけたものを100ページ用意しデータをマージさせています。 データが3ページ程しかない時はそのページ以降のロゴ等は不要なので消したいのですが、何か良い方法はありますか?
    Q5.まれに通信状況が悪くなりPCモジュールがエラーで止まっています。 ログには「System i との通信(FTP)異常が発生しました。」と書かれています。 いつ通信状況が悪くなるか予測できないので自動で復旧させたいのですが、回避方法はありませんか?
    Q6.IBM i (AS/400)側のプログラムが起動しません。 どうすればいいですか?
    Q7.リクエストしたメールの送信結果を「メール送信履歴照会」で確認したところ数分経っても送信中(処理結果:RDY0000000)のままで、メール送信が行われていないようなのですが、どのような原因が考えられますか?
    Q8.「System i 側プログラムが起動できませんでした。通信状況を確認してください。」のメッセージが表示されるのですが?
    Q9.Excelファイルにデータをマージ添付して送信要求をし、正常に終了しましたが送られたのはテンプレートのみでデータが入っていません。正しく送信するにはどうしたらいいですか?
    Q10.ExcelファイルにデータをマージしさらにPDFに変換添付して送信するように要求したが、「添付ファイルが見つからない」とのメッセージが表示されます。どうしたらよいですか。
    Q11.「SMTPサーバーへの接続エラー」と表示されて、メール送信が出来ないのですが?
    Q12.E-Mailアップロード オプションを利用していますが、監視のタイミングでエラー通知メールが複数送信されます。どうしたらよいですか。
    Q13.「添付ファイルのダウンロードに失敗しました。」と表示されメールが送信されないのですが?
    Q14.Excelマージ送信されたファイルで表示されないセルがあります。どうしたらよいですか。
 
[ご購入前の回答]
    Q1.FREE MAIL Plusの特徴はなんですか?
    A.従来郵送したり、手動でFAX送信していた各種帳票類をメールで送信したり、IBM i (AS/400) のスプールファイルから直接FAX送信する事が可能になります。 通信コストや紙資源削減に多大な効果が期待出来ます。
質問へ戻る↑

    Q2.デモを見る事はできますか?
    A.当社施設内でデモ環境をご用意しています。
日程等詳細につきましては、お気軽にご相談ください。
質問へ戻る↑

    Q3.ハードウェア構成はどのようになりますか?
    A.E-MAILモジュール、FAXモジュールともにPower System(AS/400)と送信用PCとしてWindows 7/10またはWindows Server 2008/2012が稼動するFREE MAIL Plus専用サーバーが必要です。 E-MAILモジュールの場合はその他にメールサーバー(SMTP/POP3)が必要になります。FREE MAIL Plus専用サーバーからのメールが送信可能であれば、社内のサーバーでも社外(プロバイダー)のものでも構いません。 また、FAXモジュールの場合はFAXボードが必要になりますが、FAXボードを合わせてご提案いたしますので、お客様にご用意していただく必要はございません。
質問へ戻る↑

    Q4.ソフトウェア構成はどのようになりますか?
    A.Power System(AS/400)とFREE MAIL Plus専用サーバーにFREE MAIL Plusのソフトウェアをインストールします。
メールモジュールでExcelファイルやPDFファイルを作成する場合はそれぞれのソフトウェアをが必要になります。
質問へ戻る↑

    Q5.バージョンの低いOS/400でも稼働しますか?
    A.FREE MAIL Plusは現在、V4R5M0以上V7R3M0までのIBM i(OS/400,i5/OS)環境で稼働実績があります。 V4R5M0未満のOS/400をお使いのお客様への導入もご相談に応じます。
質問へ戻る↑

    Q6.使用中のPower System(AS/400)はP20なのですが、製品の価格はプロセッサーグループによって違いますか?
    A.2015年8月に価格体系の見直しを行い、プロセッサーグループごとの価格になりました。金額については、当社営業担当までお問い合わせください。
質問へ戻る↑

    Q7.納期はどの位かかりますか?
    A.ソフトウェア媒体の納品と現地導入作業に分かれます。E-MAIL基本モジュールと各オプションの媒体は注文書を頂いてから1週間程度で納品可能です。FAXモジュールの媒体は、FAXボードの手配に時間がかかりますので、納品まで3週間程度いただく場合がございます。導入作業を当社技術員が行う場合にはスケジュール調整をいたしますのでご相談ください。
質問へ戻る↑

    Q8.保守契約の形態はどうなりますか?
    A.お客様と当社、あるいはパートナー会社様と当社のどちらでも契約可能です。
保守契約期間は1年間ですが、初年度は特別サポート期間として60日間は無償で保守をさせていただきます。
質問へ戻る↑

    Q9.FREE MAIL/400 と FREE MAIL Plus の違いは何ですか?
    A.FREE MAIL/400はIBM i (AS/400) から出力される帳票等を自動でメール送信するパッケージです。また、特定のメールボックスを監視し受信したメールの本文や添付ファイルを自動でIBM i (AS/400) へアップロードすることができます。 FREE MAIL PlusはFREE MAIL/400のメール送受信機能はそのままに、FAX送信機能をプラスしたパッケージです。
質問へ戻る↑

    Q10.送信用PC(FREE MAIL Plus 専用サーバー)にはどの程度のスペックが必要ですか?
    A.Windowsが安定稼働するPCまたはサーバーであれば問題ありませんが、ExcelファイルやPDFファイルを添付して送信する場合は4GB以上のメモリー搭載を推奨しています。 FAX送信を行なう場合はFAXボードを利用しますのでPCI Expressロープロファイルの空スロットが必要です。
質問へ戻る↑

    Q11.送信用PC(FREE MAIL Plus 専用サーバー)を業務端末として併用できますか?
    A.専用端末としてご用意ください。送信中にキーボードやマウスの操作、またはバックグラウンドの処理により送信に悪影響を及ぼす事が懸念さるためです。
質問へ戻る↑

    Q12.メールに添付できるファイル形式には、どのようなものがありますか?
    A.Excel、PDF、テキスト(CSV,TSV)、TIF、BMP、JPEG等の各種ファイル形式をサポートしていますので、ご利用の形態に合わせてお使いいただけます。 なお、Excelファイル、PDFファイルをご利用の際には、別途ソフトウェアが必要になりますのでご注意ください。
質問へ戻る↑

    Q13.Excelファイルを作成してメールに添付して送信する事はできますか?
    A.IBM i (AS/400)では出力が難しかったカラー、罫線、ロゴ、装飾文字等を使い慣れたExcelでデザインし、書式ファイルとして利用する事で、簡単にIBM i (AS/400)のデータをマージしたExcelファイルを送信する事が出来ます。
質問へ戻る↑

    Q14.Excelファイルを作成するときにパスワードを設定する事はできますか?
    A.できます。シートへの書き込みを禁止する「シート保護」、ブックのオープンを規制する「オープン保護」、書き込みを規制する「書込み保護」、シートの追加や削除を規制する「ブック保護」をパスワードを設定して利用する事ができます。
質問へ戻る↑

    Q15.メールに添付するファイルにバーコードを貼りつけて送信することはできますか?
    A.作成する添付ファイル形式によって2通りあります。 1つはAPWと同様のコマンドを使ってPDF・TIFファイルなどの添付ファイルを作成する形式(イメージ変換機能と呼んでいます)です。 この形式ではCode39バーコード・QRコードを貼りつける事が出来ます。 もう1つは、Excel書式ファイルにデータをマージして添付ファイルを作成する形式(Excelマージ機能と呼んでいます)です。 この形式ではCode39・Code128・JAN・NW-7・ITF・QRコードが利用できます。
質問へ戻る↑

    Q16.受信したメールのデータを基幹システムに自動で取り込む事はできますか?
    A.オプションの「E-Mail アップロード オプション」をご購入いただきますと可能です。メールボックスを監視して自動でIBM i (AS/400)へメールの本文や添付ファイル(Excel、テキスト)をアップロードする事が可能です。 また、アップロード後IBM i (AS/400)のプログラムを起動する事ができますので、データをすぐに基幹システムに反映する事が可能です。
質問へ戻る↑

    Q17.導入作業にはどれ位の時間がかかりますか?
    A.標準的な構成・作業で丸一日程度です。送信用PC(FREE MAIL Plus 専用サーバー)の台数や回線数で多少異なります。
質問へ戻る↑

 
[ご購入後の回答]
    Q1.メールの送信先アドレスの登録はどの様にすればよいですか?
    A.メールの送信先アドレスは、送信要求スプールファイルの中に記述します。一般的には基幹システムのマスターファイルに登録しておき、業務アプリケーションで読み込み、スプールファイルに出力します。

例)//MAIL TO ABC@IDCLTD.CO.JP
  //MAIL CC DEF@IDCLTD.CO.JP
  //MAIL BC GHI@IDCLTD.CO.JP
質問へ戻る↑

    Q2.現在FREE MAIL/400を使用中のユーザーですが、FREE MAIL Plusへ移行する場合の注意点はありますか?
    A.FREE MAIL PlusはFREE MAIL/400をアップグレードしたパッケージです。FREE MAIL/400とは上位互換性がありますのですぐに移行していただけます。 FREE MAIL Plusの最近のバージョンで追加された主な機能は下記をご覧ください。

 Ver2.8  添付するテキストファイルの文字コードを選択設定できる機能追加
      (Shift-JIS / UTF-8)
      XPSから作成されるTIF画像の解像度を600DPIへ向上
 Ver2.9  FAXリトライ時の開始ページを選択設定できる機能追加
      FAX画質の向上
 Ver2.10 起動時のエラーをWindowsイベントログに記録する機能追加
      FAXヘッダーの出力有無を選択設定する機能追加
 Ver2.11 Windows10への対応
質問へ戻る↑

    Q3.メール送信時にエラーとなり送信できなかった事を知る方法はありませんか?
    A.IBM i (AS/400)側のセッションで送信履歴がご覧になれます。 処理結果にSNTXXXXXXXのコードが表示されている場合は送信が完了しています。 SNTに続く7桁のコードが0000000以外の場合には何らかの理由により「意図しないものが送信された」可能性があります。 ERRで始まるコードが表示されている場合は送信できない事象が発生しメールは送信されていません。 なお、エラーが発生した場合にはエラーのレベルにより様々な通知方法がありますので、マニュアルの「第三章サーバー側のプログラムの環境設定」「FREE MAIL Plus情報の設定」及び「エラー情報の設定」をご参照下さい。
質問へ戻る↑

    Q4.メールに添付するExcelファイルにヘッダーとして会社のロゴ(ビットマップ)を貼りつけたものを100ページ用意しデータをマージさせています。 データが3ページ程しかない時はそのページ以降のロゴ等は不要なので消したいのですが、何か良い方法はありますか?
    A.ページ最後のデータにキーワード「//END !DEL XX」を指定することでセルのデータや書式を始めビットマップやオートシェイプなどのオブジェクトをクリアすることが出来ます。
また、「!DEL」の後ろのパラメータ「XX」を省略した場合は「環境設定」「FREE MAIL Plus情報」タブの「Excelマージ機能」項目の「セルデータをクリア」「オブジェクトをクリア」の設定に従いクリアを行ないます。
詳細はマニュアルの「第三部アプリケーション開発マニュアル」「第二章制御パラメータの詳細」「ATプロパティ」<拡張指定-Excelへのマージ>を参照して下さい。
質問へ戻る↑

    Q5.まれに通信状況が悪くなりPCモジュールがエラーで止まっています。 ログには「System i との通信(FTP)異常が発生しました。」と書かれています。 いつ通信状況が悪くなるか予測できないので自動で復旧させたいのですが、回避方法はありませんか?
    A.「環境設定」「System i情報」タブの「System i との通信エラー」項目のチェックマークをONにする事で、リトライ回数を超えても通信エラーとはせずに処理を最初から開始します。
質問へ戻る↑

    Q6.IBM i (AS/400)側のプログラムが起動しません。 どうすればいいですか?
    A.このプログラムは機械のシリアル番号を元にしたライセンスキーを参照しています。
ライセンスキーとシリアル番号が一致していないと考えられますので、当社までご相談ください。
質問へ戻る↑

    Q7.リクエストしたメールの送信結果を「メール送信履歴照会」で確認したところ数分経っても送信中(処理結果:RDY0000000)のままで、メール送信が行われていないようなのですが、どのような原因が考えられますか?
    A.System i とFREE MAIL Plus 専用サーバーとのFTP通信が切断されている可能性があります。
FTPの接続を確認してください。
質問へ戻る↑

    Q8.「System i 側プログラムが起動できませんでした。通信状況を確認してください。」のメッセージが表示されるのですが?
    A.System i (AS/400)をFTPサーバーとした時の設定の誤りが考えられます。
CHGFTPAのパラメーターを再度確認してください。
質問へ戻る↑

    Q9.Excelファイルにデータをマージ添付して送信要求をし、正常に終了しましたが送られたのはテンプレートのみでデータが入っていません。正しく送信するにはどうしたらいいですか?
    A.マージするデータの各レコードには最低1つのタブキャラクターコードが必要です。
すべてのレコードにタブキャラクターコードが入力されていることを確認してください。
FREE MAIL Plus Ver1.1.1以降ではタブキャラクターコードがないデータはExcelシートの1列目のセルにマージします。
質問へ戻る↑

    Q10.ExcelファイルにデータをマージしさらにPDFに変換添付して送信するように要求したが、「添付ファイルが見つからない」とのメッセージが表示されます。どうしたらよいですか。
    A.データが入力されていないワークブックは出力されません。そのため、PDFファイルも作成されずこのような現象が発生します。データが入力されていないファイルは、本文のみで送信要求してください。
質問へ戻る↑

    Q11.「SMTPサーバーへの接続エラー」と表示されて、メール送信が出来ないのですが?
    A.送信用PC(FREE MAIL Plus 専用サーバー)とSMTPサーバーの接続に問題が発生していると考えられます。 送信用PC(FREE MAIL Plus 専用サーバー)のLANケーブルが外れていたり、ファイアウォールによりSMTPサーバーへの接続がブロックされていたり、SMTPサーバーが送信用PC(FREE MAIL Plus 専用サーバー)からのメールを拒否している等が考えられます。
質問へ戻る↑

    Q12.E-Mailアップロード オプションを利用していますが、監視のタイミングでエラー通知メールが複数送信されます。どうしたらよいですか。
    A.監視対象(受信)アドレスと管理者アドレスと同じになっていませんか。 管理者アドレスに送信されたエラー通知メールが監視(受信)対象と認識され、再度エラー通知として送信されていると思われます。 いずれかのアドレスを変更する事によって回避可能です。
質問へ戻る↑

    Q13.「添付ファイルのダウンロードに失敗しました。」と表示されメールが送信されないのですが?
    A.添付するデータをIBM i (AS/400)から送信用PC(FREE MAIL Plus 専用サーバー)にFTPでダウンロードすることができないというものです。 一番多い原因は、添付するデータの中に0Eと0F(シフトアウト文字とシフトイン文字)が対になっていないレコードがあることです。 コマンドプロンプトからftpサブコマンドを入力して、添付すべきファイルをget(ダウンロード)してみてください。 コマンドプロンプトからgetできない場合は、原因は添付すべきファイルの内容にあります。
質問へ戻る↑

    Q14.Excelマージ送信されたファイルで表示されないセルがあります。どうしたらよいですか。
    A.次のようなことが考えられます。
 1. 間違っている場所のセルにマージされている
 2. マージされた文字列が背景と同色に設定されている
 3. マージ先のセル書式が合っていない

1については、マージ元物理ファイルで出力されているレコードとフィールドが、マージ先Excelファイルの行と列にあっているかを確認してください。
2については、マージ先セルをマウスで選択し反転させると確認できます。
3については、Excelでマージ先セルの書式をご確認ください。特に、数値/文字の区別やセルの長さにご注意ください。
質問へ戻る↑



情報セキュリティ基本方針   |   個人情報保護について   |   免責事項   |   サイトマップ
Copyright© 1998-2019 IDC Ltd. All Rights reserved.