IDCロゴ
English     お問合せ
パートナー専用ページ
 FREE MENU 製品概要
HOME > 製品情報 > FREE MENU
 
FREE MAIL Plus
[フリーメールプラス]

スプールファイルを
自動でメールや
FAX送信できます


FREE OUTQ
[フリーアウトキュー]

スプールファイルを
安全に管理できます



FREE MENU
[フリーメニュー]

System i(AS/400)の
汎用的な
メニューシステムです


FREE SPOOL EDITOR
[フリースプールエディター]

スプールファイルを
自由に編集できます



FREE FAX/400
[フリーファックス]

スプールファイルを
自動で
FAX送信できます


IBM System i (AS/400)用 汎用メニューシステム

FREE MENU
[フリーメニュー]


製品概要 | システム要件 | FAQ

製品概要

当社が開発致しましたFREE MENUの主な特徴といたしまして、
  • メニュー内容に変更が生じても、そのたびにメニュー・プログラムをコンパイルする必要がありません。
  • パスワード、及びユーザー名に対するセキュリティー・レベルの設定による機密保護機能を備えています。
  • 個々のプログラムには、最大4個までパラメーターを指定することが出来ます。
  • 指定出来るプログラムは1画面に最大20個で、その他にコマンドを最大18個登録しておくことが出来ます。
  • メニュー画面の登録や実行ユーザーの登録などは、全て付随のユーティリティー・プログラムを使用して、メニューから実行出来ます。DFUでの入力等面倒な作業は一切必要ありません。
  • エンドユーザーは、あくまでメニュー画面上で指定された3桁以内の番号を入力するだけで、簡単に指定されたユーザー・プログラムを実行することが出来ます。
などの多彩な機能を備えながら、簡単な操作性を保っております。


メニュープログラムの基本操作

1画面には最大20のジョブ(プログラムまたはメニュー・キー)を表示します。
入力欄は呼出し番号入力欄の一ヶ所のみです。
FREE MENUのメニュー保守画面

分かりやすい操作性

エンドユーザーは呼出し番号入力欄に番号、または3桁以内で予め定義されたコマンド略記号を入力するだけです。

厳しいセキュリティー管理

ユーザー毎に設定するセキュリティーレベルによって、同一メニュー画面であっても、個々の呼出しプログラムやメニューを非表示にし、 入力不可にする事で実行を不可能にします。

メニュー画面から入力できるコマンドが制限されるため、不注意なコマンド入力によるシステムへのダメージを防ぎます。

容易な保守作業

セキュリティーレベルによって、画面に表示されない機能キーを使用してメニュー/プログラム名、パラメーター数を反転イメージで表示させる事ができます。

エンドユーザーからEDP部門へ障害等の連絡があった場合、この機能で対象のプログラムを明確に把握する事ができるため、迅速かつ的確に障害状況を把握できます。

ユーザーの登録

実行ユーザーの登録、変更や削除は、付随のユーティリティー・メニューにて簡単に処理できます。新規登録を行い、続いて表示される下記の画面でメニューを使用するユーザーの環境設定を行ないます。
FREE MENUのユーザー保守画面

分かりやすい操作性

各ユーザー毎に有効コマンドを設定する事で、コマンド構文を3桁以内の英文字で、メニュー画面から実行できます。これによりエンドユーザーは最小限の英字を記入するだけで必要なコマンドを実行できます。

厳しいセキュリティー管理

各ユーザーのセキュリティーレベルは0〜99の100段階もの調整ができます。

有効コマンドを設定する事で、不注意などによるシステムへのダメージを伴うコマンド入力を防ぎます。

容易な保守作業

複数の同じ環境設定のユーザーが存在する場合は、参照ユーザー名に基本となるユーザー名を入力するだけで設定をそっくりコピーできるので、 重複した内容を入力する手間を省きます。

複数のユーザー間で実行環境やセキュリティーの差別化を行いながら、同じメニューを表示させるには、代替メニューに共有する画面名を入力します。

各ユーザーの実行環境と表示されるメニュー画面との間で、きめ細やかな設定が可能です。

メニューの登録

メニュー画面の新規登録や変更、削除は、付随しているユーティリティー・メニューで
行います。新規登録を行い、続いて表示される下記の画面にて登録内容を設定します。
メニュー画面の登録内容を変更する時にも、このユーティリティーメニューを使用します。
FREE MENUのメニュー保守画面

厳しいセキュリティー管理

実行ユーザーのセキュリティー・レベルが、このセキュリティーで指定した値に満たなければ、このメニュー画面の該当するジョブは表示されず、 なおかつ選択実行できなくなります。

パスワードと回数を指定すれば、メニューが表示される前にパスワード入力画面が表示されます。その際、指定した回数を超えて間違えた場合、 強制的にサインオフします。

もちろんパスワードは画面毎にその設定を変える事ができます。

容易な保守作業

この保守画面で設定したプログラム・メニュー名、パラメータ数はセキュリティレベルによっては、隠し機能キーによってメニュー画面上に表示させる事が可能です。

それにより、障害の生じたジョブの実行するプログラム/メニュー名をすばやく割り出して、対処する事が可能となります。

メニューの登録にコンパイルは必要ありません。登録が完了しますと、次にメニューが呼び出された際に設定内容は反映されます。

製品価格

基本モジュール: \100,000(税抜)〜
[System i(AS/400)全モデル、全マシングループ共通の価格です。]

当社にて随時デモンストレーションをご覧いただけます。お気軽にご連絡ください。
また、無料の期限付きお試し版をご用意しています。
ご希望の方は下記の[お問合せ]をクリックし、「お試し版希望」と明記の上送信してください。



製品概要 | システム要件 | FAQ


  FREE MENUの資料ダウンロードはこちらから   FREE MENUのお問合せはこちらから  


情報セキュリティ基本方針   |   個人情報保護について   |   免責事項   |   サイトマップ
Copyright© 1998-2016 IDC Ltd. All Rights reserved.